読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識して練習

よっしゃ、撮った!

 

で終わらずに、もうひと粘りして、変化を待つ。

というのを意識して過ごした。

 

風景にひとアクセントを加えようと、

鳥や人が写り込むのを待つことは多いけれど、

それでも、とったら、もう一、二度、違う変化が起こらないかしばらく待つ。

 

まだ現像してないけど、

今日はいいモノが撮れたように思う。

 

動物は、カメラのレンズを動物の目だと認識して警戒する、というのを聞いたことがある。

それは信憑性が高い話だけれど、

その上、画角すらも知ってんじゃないかと思う動きをする。

50mm を構えて、ここを飛んでくれ、と睨んでると、

35mmだったらいい塩梅の領域までは入り込み、でも、それ以上入ってこない。

キュッと、Uターン。

なんでやねん。

 

通ってくれるだけでいいのに、、、。

手が震えてきて、一旦カメラを下ろすと、

そこをひゅっと通りやがる。

なんでやん。

 

そうやってるうちに、彼らも、やがてどっかに行ってしまう。

居なくなってしまっては撮ることもできない。

気分を入れ替えて次、行ってみよー。

と、その場を離れて、で、振り返ると、はいこれ。戻ってきてる。

なんでやねん。

 

修行が足りぬ。